ウォーターサーバーからお湯や冷水が出る原理

ウォーターサーバーは蛇口をひねるだけでいつでも美味しい水を楽しめるのが魅力ですが、そんなウォーターサーバーからお湯や冷水が出る原理を簡単に説明すると次のようになります。

 

ウォーターサーバーの仕組み
サーバー内部には「温水用」「冷水用」の2つのタンクがある
水が入ったボトルをセッティングすると2つのタンクに水が流れ込む
それぞれのタンクで冷水と温水にする
温水タンクには保温効果があることで電気代が思ったほど上がらずに済む
各タンクの容量は約2リットル前後
ウォーターサーバーのお湯の温度は80度〜90度
ウォーターサーバーの冷水の温度は摂氏5度〜12度

 

ウォーターサーバーはこうした原理でお湯や冷水が出るようになっています。

ちなみにウォーターサーバーのサイズは一般に、

 

  • 床置き型・・・ロングタイプ
  • 卓上型・・・ショートタイプ

 

これらいずれかを選べるようになっていますが、最近ではインテリアや部屋の雰囲気などにマッチさせたい人にオススメな、場所を取らずにどこにでも置けるコンパクトなウォーターサーバーも人気があります。

 

更に、

 

  • 「世界最小」と言われるほど小さなサーバー
  • 収納に便利な収納棚付きのサーバー
  • ディズニーのキャラクターが付いたサーバー

 

等々、各社でユニークなウォーターサーバーを提供している他、色も種類豊富に用意しているところもあるため、設置する場所に合わせてお好みのものを選べるのもウォーターサーバーの楽しみの一つと言えます。

Sponsored Links