ウォーターサーバーが提供する水のへ放射能の影響

東日本大震災のあの一件から水の放射能汚染が指摘されるようになりました。水道水からも検出されたことで水への安全性に不安を抱く人も多いでしょう。

 

ではウォーターサーバーで使われる水に放射能の影響はないのでしょうか?

 

ウォーターサーバーの水は安全です!

 

福島の原発事故後、どこよりもいち早く水質調査をして、その結果を公表したのはクリクラでした。

 

その後も続々と各社で提供する水の放射能検査が行われ、その結果が各社公式HPで公表され多くの会社で「結果問題なし!」としています。

 

それでも気になる人は放射能に関する水質調査の結果を各社で比較してみると良いでしょう。

放射能への不安が拭えないなら「ろ過された水」がオススメ

ウォーターサーバーで提供される水には種類がありますが、その中でも「ろ過された水」が放射能の心配がない水と言えます。

 

例えば上記でも紹介したクリクラは、浄水システムの一種である「ROシステム」により、一般の浄水器で除去できない環境ホルモンまでしっかり除去した高純度の水にミネラル成分をプラスした水を提供しています。

 

放射能の影響が心配ならこのようにろ過された水「RO水」が一番安心だと言えます。

 

【放射能が心配ならココがポイント】

 

  • ROシステムによりろ過された水であること
  • 採水地が北海道、西日本、九州のいずれかであること

 

RO水の原水がどこの水なのかをチェックしてみましょう。ちなみに採水地が北海道、西日本、九州のいずれかであれば放射能の心配は今のところないと言えます。

Sponsored Links