水のレンタルーサーバーの選び方のポイント

水のレンタルサーバーすなわちウォーターサーバー。人によって呼び名は様々ですが、多くの芸能人も自宅にウォーターサーバーを設置し、毎日美味しい水を楽しんでいるようです。

 

ウォーターサーバーを愛用している芸能人
畑野ひろ子さん
宮下美恵さん
紗栄子さん
インリンさん

 

そんなウォーターサーバーの選びは方のポイントは次になります。

【サーバーの衛生面】

日頃のお手入れを怠ったり誤った使い方をすることで、すぐに雑菌が繁殖しサーバーをダメにしてしまいます。そこで自分でお手入れ出来ない人は、

 

  • サーバーメンテナンスを定期的に行ってくれるところを選ぶ
  • メンテナンス費用が年間で発生するか無料のところを選ぶ

 

これらをチェックしてみましょう。会社によってサーバーのメンテナンスに関して内容が異なるので費用と併せて予め確認しておくといいでしょう。

 

【ウォーターサーバー利用にかかる費用】

 

  • 水代(選ぶ水によって異なる)
  • 送料(無料のところが多いが送料が発生するところもある)
  • サーバーメンテナンス料(無料〜年間で数千円発生するところもあり)
  • サーバーレンタル料あるいは買取料(レンタルか買い取りかも確認)
  • 電気代(節約したいなら省エネ設計のサーバーがオススメ)
  • 保証金(数万円の保証金が初期費用で発生するところもあり)

 

これらの費用がかかります。

 

レンタルサーバーは説明書通りの使用法で故障した場合、無料交換と修理をしてくれる会社が多いですが、この点も確認しておくことをオススメします。

 

【レンタルサーバーで各社比較】

 

  • レンタル料が発生するか否か
  • メンテナンス料が発生するか否か
  • レンタルか?買い取りか?
  • 保証金は発生するか否か
  • 故障時の補償内容
  • 解約金や違約金が発生する条件

 

など、こうした条件を各社で比較してみましょう。

 

【宅配地域】

各社でサービスエリアが異なります。自分が住んでいる地域へ宅配可能か否かをチェックしましょう。

 

【水の種類】

水は採水地などによりいくつか種類があるので目的に合わせて選びましょう。

 

【ウォーターサーバー会社の選び方】

自分が重視する点を各社で比較して口コミやランキングサイトなどを参考に見極めましょう。

 

【お試し期間の有無】

本契約の前に実際に無料でお試しできる期間を設けている会社もあるため、会社を選ぶ時に迷ったらまずは、無料でお試しできるところを利用し実際にウォーターサーバーを使ってみるのもオススメです。

 

水のレンタルサーバーのデメリット

【電気代】

選ぶレンタルサーバーによって電気代が変わってきます。電気代を節約したいなら省エネ設計のサーバーを提供しているところを選びましょう。

 

【サーバーの設置場所】

主に台所に置いて調理にも使用する場合、部屋に置いてお酒と割ったり水分補給を目的で使用する場合など用途に合わせて設置場所が変わってくると思います。それを考慮してサーバーのサイズやデザインを選びましょう。

 

【水ボトルの保管場所】

水ボトルは7リットル入りから20リットル入りと会社によって大きさやサイズが異なります。普段使う分に加え備蓄用で1,2本余分に置きたい時や、ボトルを回収しにくるまでの置き場所など、ボトルの保管場所も必要になります。

 

以上、これらがウォーターサーバーを利用するデメリットとなります。

Sponsored Links